FLAT SETAGAYA

敷地:
東京都世田谷区
用途:
共同住宅(重層長屋)
設計:
STUDIO AK
施工:
成弘建設
竣工:

世田谷の古くから住宅のある住宅地に敷地はあります。敷地の形状が路地状敷地(旗竿敷地)であるため多くの条例の制限を受けますが、オーナーのご希望により、共同住宅を重層長屋という形で建てることになりました。
長屋とするために、通路幅の規制を受けたり、地面から各住戸へアクセスができるようにしなければならなかったので計画は非常に難しいものとなり、構造を木造とすることを選んだこともプロジェクトをチャレンジングなものにしました。階数制限で3階建て、住戸の数は4つが限界となりましたが敷地の大きさ、周辺環境を考えると、このボリュームが限度であると思います。
4住戸中2住戸はメゾネットとなっています。長屋とするための工夫からですが、くつろぐプライベートな空間とエントランススペースを分けられたのは生活するうえで非常に快適なものとなりました。また、旗竿敷地のアプローチのお蔭で、居住スペースと公衆スペースを分けるのに十分な距離を取ることができ、この距離は2つの空間の緩衝スペースとして十分な役割を果たしています。
オーナーの居住スペースは3階のため、アプローチは長いものとなってしまいます。このスペースを暗く不快なものとしないために、1階部分では、坪庭が見えるようにし、3階ではFIX窓により廊下を通じ十分な採光を得られるようにしています。通風を得られるように各階踊り場には開口部を設け、階段室内で十分な空気の循環が起き、光が射すよう、階段はオープン階段としています。
限られた敷地内で各住戸に最大限快適な空間を提供できるよう様々な工夫を凝らし、この敷地の立地環境にふさわしい共同住宅とすることが出来ました。

PROJECT