HOUSE NAKAHARA

敷地:
神奈川県川崎市
用途:
専用住宅
設計:
吉田明弘/STUDIO AK
施工:
三森工務店
竣工:
2015.9

敷地が特殊な条件下にあり、形状も細長く、クライアントがこの敷地にご希望の家が建つのか不安ということで、弊社にご相談にいらっしゃいました。
細長い形状のため、まとまった整形の空間を確保するのが難しく、長手方向の動線上に、動線と重なるように各スペースを配置しました。通路と各スペースを重ねることにより、それぞれの空間は実際に使われるスペースより広くなり、開放的に感じられます。また、リビングとバルコニーを連続させ、間仕切りを排除したため、家族の共有空間はおよそ15mの長さのとても開放的で光溢れる空間とすることができました。道路に面する壁が長い上、3階建てのため、建物の前面にかなりの圧迫感を与えてしまう恐れがあるため、出来るだけ全体の高さを抑えるよう各階の天井高は抑え目にしてあります。しかし、家族の団らんスペースのリビングは天井高を高く開放的にしたかったので、床を下げ下部スペースのカーポートを圧縮することでこの問題を解決しています。ダイニングのカウンター部分はご家族が食事をするのに普段使われるとの事だったので、ここも開放的な空間にするために上部を吹き抜けとし、吹き抜けに面している3階のスペースはご家族の共有のスタディースペースとしました。2階のバルコニーは隠れ家的な空間にし、くつろぐためのベンチを設け、浴室のための坪庭としても機能しています。また、階段のための採光にも役立っています。普段は洗濯物を干すスペースとしても使用します。
このプロジェクトではどうしても短辺方向に圧迫感が出てしまうため、断面方向に空間のリズムをつけることによりその短所を感じさせないように工夫しています。 特殊な立地条件、形状にもかかわらず、クライアントのご要望がとても魅力的で、居るだけで楽しくなりそうな空間づくりのヒントを私たちに与えてくれました。

PROJECT