HOUSE SETAGAYA

敷地:
東京都世田谷区
用途:
専用住宅
設計:
STUDIO AK
施工:
成弘建設
竣工:
-

世田谷の住宅密集地の一角にある敷地です。西側には広い駐車場があり、開けています。東側は3階建ての住宅が建ち、アプローチからは建物はほとんど隠れて見えないため、どこか隠れ家的要素が感じられる敷地です。
西側以外は建物に近距離で囲まれてしまっていて、周囲の眺望は決してよくありません。このような立地条件のため、周囲との関係よりも、この敷地内での空間を作る方向で計画することとし、中庭建築の形式を取ることにしました。西側は長いこと駐車場となっており、数十年単位で今後も変わることはない様なのでこちらへ少し開きを作り、光は中庭から取り込むことにしました。
狭い敷地ですが、中庭を挿入することによって、室内の空間が中庭を介しての関係を持つことになり、採光や通風を各スペースへ届けることができるようになりました。
また、南側の建物の屋根を勾配にすることにより南側からの採光を取りやすくしています。ロフトの小窓からの景観もこの屋根のお蔭で楽しいものとなりました。各室からこのスペースを楽しめるようにシンボルツリーを植え、日常で緑を感じられるようにしています。
中庭はこの建物のシンボリックな存在であり、各スペース同士に適度な距離をもたらしてくれます。視覚的には繋がっているが心地よい距離を保っている。そんな魅力的な空間の関係を創り出しています。

PROJECT